信用取引は大丈夫なのか

標準

投資は悪いものではない

これから株式投資をしようと検討している方は結構いるかと思われます。日本人は投資にネガティブなイメージを持っている方が多いようですが、決して悪いものではないので、投資をすることは間違った選択ではありません。頑張っているのに全然給料が上がらない、年金も果たしてどのくらい貰えるのかが分からない現実があるので、投資をして収入を増やすべきです。これからは国になんとかしてもらおうとするのではなく、自分で変えていく考え方が必要です。

信用投資のメリットは何か

株式投資は現物取引と信用取引の2つの方法があります。そこで、メリットが多い信用取引について見ていきます。メリットとして、まず持っているお金以上の額で取引ができる点になります。現物は100万円持っていれば100万円分しか取引ができませんが、信用は3倍の300万円の取引が行えます。また、買いだけでなく、売りでも稼ぐことができるメリットがあります。空売りと呼ばれる方法で、経済状況が悪いときでも稼げる魅力があります。

使い方を間違わなければ有効な取引方法である

信用取引はリスクが高いので避けるべきと言う評論家がいますが、ある程度株式投資に慣れたのであれば、信用取引をしても問題はありません。3倍のレバレッジがあり、売りでも稼げるので、使い方を間違わなければ稼ぎやすい取引方法だと言うことができます。損を抱えているのにいつまでも損切りしないという方が問題なのであって、適切な取引をしているのであれば全く問題ありません。むしろメリットの方が多くあるのでおすすめです。

信用取引は現金取引と比較すると多額の資金を用いて株式を購入でき、利益も比例して増加するので人気が高まっています。