自宅での学習が可能な大学

標準

充実したサポート体制

自宅で自由に学習できることが通信制大学の最大のメリットですが、様々な活動やツールを活用して、学生同士・教員と学生の交流の機会を増やすことも可能です。通信制教育でも、豊かで刺激的な学生生活は送ることができ、大学によっては提携する施設などへ入館できる支援や奨学金制度など、学生支援体制を充実させているために大いに利用できるメリットも挙げられています。例えば、美術系大学では美術館や博物館などと提携し、学生証の提示で入館でき、研究や資料集めなどに活用可能です。

通信生に優しい支援を提供

通信制大学では、学生生活の支援に力を入れています。例えば、スクーリングの受講・科目試験の受験には学割が利用でき、さらに卒業制作講評の受講のための通学などにも運賃で割引サービスを利用できるなどの利点があります。また、卒業後に就職を希望する学生に対し、登録を行うことで通学課程の学生同様、就職相談をはじめ、企業や機関などのデータファイルの閲覧など、進路情報の利用も可能です。通信教育課程の本部となる大学では、週末スクーリングも行われるなど、通信生に身近な施設としても評価されています。

美大ならではの繋ぎ学習

自宅学習のみでは得られないコミュニティや技術力などが指摘されるのが、美術系通信教育です。しかしながら近年では、創造のための基礎力を養い、必要なスキルを身に付けられる支援が広がっています。例えば、レポート作成に欠かせない文章力を養うために、通信教育におけるコンピューターの利用やグラフィック系ソフトウェアの利用など、幅広い学習に欠かせないスキルを身に付けることができます。多彩な科目が開設され、コンピューター上でのコミュニティも確立されているため、様々な学問分野の学生を繋ぐこともできる利点も挙げられています。

通信制大学は他の大学とは違って日頃働きながら勉強をすることができます。なのでお金の面で困ることなく勉強することができますので入学することをおすすめします。