一度きりの高校生活を大切に!転校する方法

標準

どうしても高校が合わない人に

高校の環境がどうしても合わなかったり、他にやりたいことが見つかったけどこの高校では学べなかったり、人間関係でぎくしゃくして高校に居づらくなってしまったり…転校を決意する理由はさまざまだと思います。しかし、高校の転校はどのようにするのでしょうか?その方法をお教えいたします。高校を転校することは辛いことから逃げる、といったマイナスなことではありません。むしろ新たなスタートをきれる良い機会なので、胸を張っていきましょう。

具体的な転校方法とは?

高校を転校することは実は小学校や中学校とは異なり、欠員募集のため募集定員は非常に少なくなっています。それにより実際の偏差値よりも低いところに転校になってしまうかもしれません。試験教科は、大体は国、数、英、面接となっています。募集日程は、学期の変わり目となる、3月、8月、12月の3回になっています。さらに私立高校からの転校となると、不合格であった場合、元の高校が退学となってしまうので、注意が必要です。

新しい自分に出会える機会

転校を選ぶ勇気は素晴らしいものです。人生一度きりなのと同じように、高校生活三年間も一瞬で、一生で一度きりなのです。なので新しい環境で、新しい人間関係のなかで、新たな発見とよい刺激を受けることで、また違った人生の方向性を見つけるよい機会だと思うので、胸を張っていきましょう。そのためには、学力を高めて、試験を受けてみる価値はあると思います。大切な青春を無駄にしないためにも、高校転校を検討してみてはいかがでしょうか?

高校を転校するなら、定時制高校への転校がいいでしょう。定時制高校は自分のペースにあった学習ができます。