早ければ早いほどいい?相続税相談をするタイミング

標準

相続の準備は早いうちに開始するのがベスト

相続は、いつかしなければならないことです。しかし実際にその時が来たら、大抵の人たちが慌てます。ろくな準備をしていなかったのであれば、そのタイミングで法律トラブルに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。相続人が複数いるとスムーズに相続を済ませることは難しくなります。ひどい場合には裁判をするしかなくなりますし、親族間で関係が悪化してしまうこともあります。そうならないためにも、早いうちに相続については準備をしておかなければいけませんね。

被相続人が生きている間に準備を済ませるのが一番

資産を残して亡くなる予定の人のことを、被相続人を呼びます。被相続人が亡くなる前にすべての準備を終わらせておけば、いざ相続が開始されたとしても大きなトラブルにはなりません。どの資産を誰に分け与えるのか、被相続人の意思通りにできるからです。遺書を書いておけば、確実に資産の分配ができることでしょう。弁護士や公証人を間に入れてしっかりと準備しておけばなお言うことはありません。被相続人が生きている間なら、節税対策まで取れるはずです。

理想は生前贈与で資産をゼロに近づけること

しかし、いくら早くから準備を始めても、実際に相続が開始されれば思わぬトラブルが発生することはあります。想定していない相続人が登場するケースも珍しくはありません。ですから、理想としては資産を残さずに死ぬのが一番なのです。相続税もかかりますから、あまりにも大きな資産があるなら、その大部分は生前贈与で相続人となり得る人たちに振り分けておくのがベストです。相続をする資産の額を圧縮できれば、税金も気にならなくなるでしょう。

相続税の問題が発生した場合には、ただちに対処する必要があります。実績が豊富な税理士ならば、安心して相続税相談をすることができますのでおすすめです。